4.わたしのこと〜病気と夢の喪失〜

私のこと

※これまでの記事を読んで無い方はこちらをどうぞ。

2.わたしのこと

3.わたしのこと


そうして、音楽の学校も卒業してから、私は途方にくれました。

音楽がやりたいと思いつつも、どうすれば良いんだろうと思いながら何からやればいいのかも分からず、

ひきこもり生活が始まりました。その後、働き始めたりはしたものの、

高校の頃に大爆発してやけになったのがきっかけで病気になってしまいました。

 

引きこもって紅茶に山盛りの砂糖を入れて毎日5杯以上はガブ飲みしていた。いたのがきっかけなのか分かりませんが。

それで、通院する様になった私は結局、仕事も辞める事に。

そこからの2年近くは、本当に辛かったです。電車に乗る事すら具合が悪くなる様な、そんな体調の悪さだったんですね。

とても、人のエネルギーや感情に敏感にもなり、人混みに行く事が酷く耐えられないものになりました。

色んなサプリとかを使いながらも何とか体を治そうとしていました。

 

その時に、体全体に湿疹が出て、飲んでいたサプリから病院の薬まで全部辞めたんです。

勿論皮膚科には行って、塗り薬は塗りましたけど、その湿疹が出たのがきっかけで

全部薬もやめたら、なんと私の病気は治っていました。

 

湿疹が治っていくのと共に自分の病気も気が付いたら良くなっていったんです。

そこから、食事の事や食べ物、薬とは?から何まで徹底的に調べまくりました。

果たして病気とは何か?医者とは何か?

そういうものへの、当たり前な事への疑問。

これは、高校生の頃にも抱いていた感覚かもしれませんね。

 

そして病気も治ったものの、自分が夢どころではなかったので、すっかり歌う事なんて忘れていたんです。

社会復帰する事が目標でした、そして、回復した私はまた普通に働き始めたわけです。

だけど、この辺りぐらいから徐々に、

「なんで私はこんな事をしなければならないんだ?」

という疑問がずっと頭をついて回る様になりました。

どうして、こんなどうでもいい事(仕事)をしなければならないんだろう?

どうして仕事しないといけないんだろう?

そういう気持ちが凄くありました。だけどみんな働いてるし、そもそも働かないと食べていけないし、

そうやって2つの感情に挟まれながら働いていました。

仕事となれば、きちんとやらないと気が済まない私は、別に仕事が出来ないとか言われるでも無く、

寧ろ仕事を頼られる方だったのですが。

 

そんな中で、初めてのちゃんとした彼氏が出来ました。笑

自分にとって、彼氏というものに対しての理想だとか条件ってまるで無くて、

当時も好きだから付き合う、という単純なものでした。

だけど、付き合うってどういう事かまるで分からなかったように思います。

 

そうやって、

お仕事や恋愛の中で、夢はどんどん埋れていったのでした。

仕事と恋愛と、家族とで頭がいっぱいで夢どころではない。そんな状況でした。

 

だけど、ずっと消えかけた文字で夢はそこにありました。無くなる事は、無かったんです。

 


体験談や、ご感想、お仕事依頼などはこちらのメールアドレス、あるいは以下SNSのDMより

お気軽にどうぞ。

janney0010110@gmail.com

 

人気記事一覧
アセンションについて〜これからの地球〜
ツインレイの禁句〜相手がツインレイかどうか〜
ツインレイとどんな付き合い方をしていきたいか
これからの事、今後予想される事をまとめてみた。
魚座満月に分かった壮大な真実
タイトルとURLをコピーしました