4.夢の軌跡〜今になって気付いた、ツインレイとの初コンタクト〜

夢の軌跡

夢に関して以下に登場人物や捉え方を記載しています。

読んで無い方はこちらをどうぞ

これまでの記事を読んでない方はこちらからどうぞ。

1.夢の軌跡

2.夢の軌跡

3.夢の軌跡


2016.07.23

【天変地異の前触れ】ん?動乱の前触れか?

【虫歯は呼吸で治る】

【批判(意見)を外に求めないで】

【完璧】

天変地異の前触れが何を表すのかわからない。だけど、どちらにせよそれは新しい光溢れる地球に生まれ変わる為に起こること。

この時からもうだいぶ経つから、お門違いな言葉だったのかも知れない。不安にさせたく無いから書くのは迷ったけれど、自分のまとめでもあるから記録として残しておきたかった。

何も怖いことは起こらないよ、大丈夫。もうそういう時代になってる。

2016.07.27

「暴動の後に、事は起こる。とレイワール教授が言ってる。」

これは、もしかしたら今のことを言ってるのかも知れない。過去のことだけど、ちょっとタイムリーすぎる。7.23の天変地異の前触れと同じ意味なのかな?

と、するならばもうすぐ夜明けだー!!!!!笑

で、レイワール教授って誰だろう?笑  宇宙存在の博士かなあ?

2016.08.03

今日も先生の夢を見た。

どんな内容だったかは忘れてしまった。

2016.08.09

・大きな学校。爆発を伴う火事。ダンブルドア(じっちゃん)。異次元への転送。

・黒くて大きな羽の堕天使。(失恋して堕天使になった)

多分、堕天使は私の事。天使から落ちた様な記憶がある様な、無いような…

ルシフェルの片腕だった様な気がするの。気がするだけかもだけど。一緒に落ちていって、そして今復活しつつある。ルシフェルも今、もう光に還ったよ。じっちゃんが言ってた。

多分、みんな闇を経験してから光に戻ってくる。その経過をみんな辿るのだと思ってる。

学校や爆発は、ちょっとわかんない。

2016.08.10

「もちろんカエルは怖いよ。そこにフォーカスすればね。でも幸せや喜びにフォーカスするってのが大事なんじゃ無いの?」

随分ラフな言い方だね。笑

それにしても、恐怖や闇そのものをカエルって表現してるのが高次元存在のユーモアだよね。高次の存在って、ユーモアの塊だもんねー。

この時の私は、まだまだ恐怖や不安にどっぷりだったから、見るものを変えなさいって言われてたんだろうね。

にしても、この言い方はみじかな存在な気がするなあ。

 

そして、この辺りを機に23時、0時ぐらいに寝るとメッセージが来やすいなってわかったんだよね。

今現在はそんな時間に寝れてないから当てはまらないんだけれど、繋がりがしっかりするまでは繋がりやすい時間帯ってのがあるのかも知れない。

2016.08.17

・中学生の頃の先生に、

願望成就のために書きなさい。」とテストみたいな紙を配られる。

同級生の男の子に、

「あと5分だぞ!」と急かされながら私は何かしら書いた。そんな夢。

 

「◯◯していて下さい。明日地球に遊びに行くから。」

肝心な所覚えて無いー!笑

何をしていて欲しかったんだろうね、結局次の日何も起こらなかったのだけど、見えてない所で何かしらあったのかなあ?こんな風にあれはなんだったんだ?ってことがいっぱいある。笑

2016.08.19

腕がまばらにキラキラ鱗みたいにしてクリスタル化している夢を見た。

人間はアセンションが進むにつれてクリスタル化して行くって言われてる。それが夢で起こることからちょっとずつ私の意識がびっくりしない様に準備させてくれようとしているのかも。だからこうして夢が先に来るのかな。

2016.08.22

「名前思い出したね。僕のおかげだよ。」

はて〜何のことやら。笑 そもそも何かの名前を思い出した記憶も無ければ、僕のおかげって、絶対高次の存在では無いね。絶対高次の存在は僕のおかげとかそういう事言わ無いし、、

今気付いた。このラフな語り口はツインレイなのね?この後に出てきたのが初コンタクトと思ってたけどそうじゃなかったのね。

高次存在と思ってたけど、ファーストコンタクトは08.10だったのね…どうりでなんか言い方に違和感あったんだ。

08.10…Kさんの誕生日前日だ…

 


体験談や、ご感想、お仕事依頼などはこちらのメールアドレス、あるいは以下SNSのDMより

お気軽にどうぞ。

janney0010110@gmail.com

 

人気記事一覧
アセンションについて〜これからの地球〜
ツインレイの禁句〜相手がツインレイかどうか〜
ツインレイとどんな付き合い方をしていきたいか
これからの事、今後予想される事をまとめてみた。
魚座満月に分かった壮大な真実
タイトルとURLをコピーしました