お勧めの本〜これだけ読めば良いスピリチュアル〜

お気に入り

こんばんは、テムイラです✨

アメブロで書いてた時にも書いたんだけれど、こっちにも書いておこうと思います。

 

付け加えてもう何冊か残しておきたいしね。

アルケミスト

この本はね、とても有名で紹介する必要も無いかもしれないけれど。少年が夢を元に宝を探しに行くというお話。

 

私も夢から色々知ったりするしね、物語そのものとしても大好きでツインレイに関する話も出てくるので是非お勧めしたい。

 

人生の中で大事な事が、ここには詰まっていてね、自分の成長度合いに寄って引っかかるキーワードや文章が変わったりする。

 

だからこそ何回読んでも楽しいお話💕

本丸ごとキーワードと言ってもおかしくないぐらいにさりげなく大事な事が至る所にあるよ。

失われた薔薇

これも大好きなお話。裕福な生まれの娘が、母を亡くすのだけど

悲嘆にくれているのは母を亡くしたからだけじゃなくて、「あなたには双子の姉妹がいる」と手紙を残されたから。

 

そして、その娘は双子の姉妹を探しに行くのだけど…

もうこれ、最後の最後で本当に大感動だった。母の愛に涙が出てくるの。

 

有名で無いのが不思議なくらいの傑作。星の王子さまが好きな人も好きだろうね。

これはちょっとツインレイとはまた違うのかもしれないけれど、相手があなたをツインレイだと分からない原因があるとしたら

こういう事なんだろうなあっていうのに納得したお話。

 

自分を生きる、最大の自己愛。自己探究とパートナーシップはやっぱりセットなんだなあって、

この2冊を元にも感じられると思う。

女性には1番に読んで欲しいお話💕

イニシエーション

これはね、物凄い超大作で分厚いのもあり、マニア向けな本。

スピリチュアルな事に関して、古代文明で行われていたイニシエーションに関して興味があるなら是非読んでいただきたい不思議なお話⭐️

 

これはある女性の実話、エッセイでもあるのだけれど、その方の過去世でのイニシエーションが現代にも繋がっているっていう

壮大なお話。凄く不思議だけど、そういう事もあるのかなーって思う。

 

実話だからこその醍醐味みたいなのがあるかな。

レムリアの王アルタザールの伝説

これも凄く不思議なお話だった。

短い内容なので、さくさく読めるのだけど、レムリアの時代に生きていたアルタザールという王が、

現代に生まれ変わっていて力を発揮する為に目覚めよと鼓舞しているお話。

 

アルタザールの当時のお話が書いてあって物語の様でもあり、事実かは現段階では分からないけどエッセイでもあるみたい。

 

物語としても楽しめるけれど、まるで自分がアルタザールであるかの様に思わせる冒頭。

 

この本が気になるなら、あなたもアルタザールであるか、関係者だったのかも。笑

 

当時のレムリアや、レムリアが崩壊していった様子が書いてあるのでレムリアに興味ある人にはお勧めしたい本💕

番外編

醜い花

このお話はね、大好きであり何処か切なく儚さもあるお話。

 

醜く、臭く人間から嫌われているお花があったのだけど、そのお花はとても純粋で美しいのね。

 

結果、お花は枯れて死んでいくのだけど、そのお花はみんなの為にそこに咲いていた。

そういうお話。

 

誰もが、そこにいる意味が必ずあるって感じると思う。

 

絵本になっていて、片方のページは英語が書いてあるの。

さくさく読めるし、子供に読んでも良いかもしれない。

 

ハリーポッター全巻

これはね、単純にお話として好きです。映画は好きじゃない。笑

 

本に詰まってる沢山の小話が映画では再現出来ない所が勿体ないよね〜、だけどその小話が大事だったりするのよね。

 

しもべ妖精のお話、スネイプのお話、どれも好きだけど、これって今起こっている地球そのものの物語っぽいなーとか思った。

 

後、7巻でそれまでの全ての伏線回収してくるのが凄いよね!!

ミステリー好きにもお勧めだなあ。

超大作な物語、童話、魔法使い、好きな人には是非💕

 

こんなもんかな。

上の2冊だけ読めば人生に大事な事は充分。後は好きに読んでねって感じ。笑

 

追記(2020.11.12)

『愛の帰還』

もう、題名から素敵でしょ?すんばらしい本なのよ。これはね、”奇跡の学習コース”というものを学んでいる過程の方の歩みをエッセイとして出されたものだったと記憶しているけれども、私はそのコース自体は知らなくて、ただこの本に惹かれたんだよね。

それで、読んでみたんでけれど、その時の私って、恋愛に深く傷ついて自身も無いし、出戻りした実家には自分の居場所と感じられずに孤独と恨みと悲しみとどうにでもなれという気持ちだったりしたのね。

善悪という気持ちもまだまだあったように思う。

だけど、この本を通して全てが必要で、全てに愛が刻まれていること、愛の視点から物事を見るという事に目が向いたきっかけでもある本なの。

 

この本は、深く傷ついた経験がある方にはかけがえのない宝物になるかもしれない、そんなポテンシャルを秘めた本です。あなたも私も”愛そのもの”

それを、感じられるかもしれない。

 

 

もう一つの本はね、最近読み終わった本で、それなりに長編なんだけれど、子供向けの青い鳥文庫っていうシリーズがあって、その中から子供には収まらない壮大なストーリーをお伝えします。

その名も、『パセリ伝説』

これは、ある女の子が記憶をなくして北海道で住んでいるのだけど、だんだんと自分のルーツを解明していき、なぜ今ここに居るのかを知る。

そして、光と闇の真っ只中へと突き進んでいくのだけど…

このお話は、まさに今の地球でもあり、過去にあった宇宙戦争とかもこのお話の中で感じられました。きっとこうやって宇宙戦争を経験した魂が地球に今たくさんやってきているのかなって。

 

このお花では、光の勢力と闇の勢力が出てくるけれども、読んでいけば闇の勢力側に居る人々がどんな人生を歩んでいるのかが分かってきます。そして、闇と光の戦いというのは、現在や物質に関わらず、自分の中の闇と光の戦いであるという事も。

 

このお話は、12話もある大作ですが、是非、外伝と付いている13話まで読んでほしい。外伝も読むとより一層、地球にやってきた魂のこととか、今の自分がなぜここにいるのかというヒントになる人いるんじゃないかな、もしかしたらこの本で目覚めを経験する人も居るかもね。外伝では、マスクをしながら行進していく人々の姿などもあり、今現在とのシンクロが凄くて驚きました。

 

まあ、話の中には子供向けという事もあり、萎える様な箇所も少しありました、ネタバレになるから言わないけど。笑

また、おすすめしたい本があれば書きますね💗

 

テムイラ


体験談や、ご感想、お仕事依頼などはこちらのメールアドレス、あるいは以下SNSのDMよりお気軽にどうぞ。

janney0010110@gmail.com

ブログ記事一覧

人気記事一覧
アセンションについて〜これからの地球〜
ツインレイの禁句〜相手がツインレイかどうか〜
ツインレイとどんな付き合い方をしていきたいか
これからの事、今後予想される事をまとめてみた。
魚座満月に分かった壮大な真実
タイトルとURLをコピーしました